--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.24

22日はネコの日だったらしいですね

こんばんはぼんじゅーる“(`(エ)´)ノ彡☆ !!


前回の記事が気合い入ってたのでというか出来る限りの人に読んでもらいたかったのでちょっと空けて更新。

来て下さいよー。多少お勉強しますから。できたら。


昨日は東京国立近代美術館で開催中のジャクソンポロック展に行ってきました。

大学生の時は理系の学部に居たんだけど専攻の地球科学以外の授業はほんっとに興味が無くて勉強も全くしなかった(よく単位取れたなと未だに思う。ていうかあの時間完全に無駄だった)んだけど芸術系の学部の授業をたくさんとってかなり真面目に授業受けてました。
つっても美術とか知識は無いし何も描いたり作ったりできないんだけどおもしろかったんだよね。

で好きな作家というか時代が1950年代とか60年代の抽象画でポロックとかもう憧れの存在っていうの?
ブックオフで画集も買っちゃったしな。

というわけで行ってきました。

ポロックの絵を生で見たのは川村記念美術館にある1枚だけだったんだけど、個展だけあってポロックの作品がいっぱいあってすごかった。当たり前だけど。
具象の絵は正直あんまし興味が持てないっていうか、エネルギーはあるんだけどどうも爆発してないっていうか内向きだなっていう感じだった。でいわゆるオールオーヴァーでアクションペインティングな作品はやっぱりすごかったです。
どどーん!!!!って感じ?
どうやっ!!!!って気合いが発散されてる感じでしたね。
絵具もなんつうか奇麗な色なんだよね。あれって補修とかしてんのかな?まさに今描きました、っていう鮮やかさ。
色が黒一色になったりする晩年は味があるけどやっぱ50年とかの作品がすごかった。

で気づいたんだけど、そのころの絵って変成岩を偏光顕微鏡で見たときの映像と結構印象が近いんだよね。
だから俺はこの絵が好きだったのか・・・・・・・って妙に腑に落ちた。

ポロック展のあとは美術館のコレクションを見ました。

日本人作家の西洋画が結構たくさんあったけど、やっぱ西洋の真似してる域を出ない印象。藤田嗣治の絵は存在感ありました。
でも全体的にやっぱり日本人は日本画がすごいとおもった。日本画ってすげぇ。と思った。

他にはピカソとかマティスとかクレーの絵も一点ずつあったけど、アドラインハートの絵がやっぱり好きだったなぁ。
一見黒一色だけどよく見ると微妙に色が違う正方形が見える、みたいな。いいよね。
マークロスコとかカンディンンスキーとかモンドリアンとかの絵が見てみたいです。
まぁ要するにその辺のミーハーです。



その後恵比寿に行ってご飯食べてエビスビールを飲むという感じ。


120222_16267E01.jpg


奥に見えるのはミルフィーユ状?のホットケーキです。


その後北千住で飲みました。

いやー良い休日だった。


おやすみぼんじゅーる“(`(エ)´)ノ彡☆ !!





「あなたの目はどんな形ですか?」

普通ですかね。ちょっと大き目?ですかね。目だけに。
久しぶりにコンタクトをしたら見事にしぱしぱして目が充血しました。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://kanazaworld.blog77.fc2.com/tb.php/847-93e7404f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。