--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.11

ぐおー

こんばんはぼんじゅーる“(`(エ)´)ノ彡☆ !!


まーた久々になっちゃった。

今回も歌詞書けるまでブログは書かない!!
とか思ったけど意味ねえなと思ってやめた。
というわけで歌詞書けてません。



昨日はショッピング&映画&飲みというとてもまともなデートをした。
まともなデートなんてしばらく記憶に無い。
あーやっぱデートっていいね。
まぁ相手は既婚者だけどね。
いや浮気とかじゃないすよ?

まずは常磐線&武蔵野線で新三郷のららぽーと。
電車暑いっすね。ラッシュ時とか死ぬんじゃないか・・?

プロントの後輩(プロント歴では先輩だけど)が大学卒業してアローズのグリーンレーベルで働いているのでおちょくりに行きました。
フランプールに居そうなスキニーが良く似合う爽やかなメンズです。

平日ってことで暇そうだったなー。

売り上げに貢献しときました。

P5110019web.jpg

3つも買っちゃったー。

SUPERGAのスニーカー
TWO FEET AHEADの靴下
グリーンレーベルの帽子

でございます。お友達価格で買わせていただきました。ありがとございマンモス。

スペルガはイタリアのブランドなんだけどちょうど100周年らしいね。
100周年とかすげぇな・・・・でもベトナム製。
TWO FEET AHEADは150年以上らしいけどね・・・・アメリカ製。
帽子は買うつもりなかったんだけどかぶったらやたらサイズがピッタシだったから買っちゃった。安いし。ベトナム製。

俺の頭って結構でかいんだけど、そこまででかすぎるわけじゃないのね。
だから普通の帽子でも頑張ってかぶれるんだけどなーんかきついのね。
今回のはそういうのが無くてぴったりだったから感動したっていうわけ。

コンバースとかもそうだけどスニーカーってなぜか東南アジアで生産されてるよね。
インドネシアとかタイとか。フィリピンあたりもあった気がするな。
中国製の物は買いたく無いけど東南アジアならまぁいっか・・ってなるのはなんでなんだろう。

しかしブランドが生まれた国で生産されないのってなんかさみしいよね。
スニーカーって全部そうじゃないすか。
メイドインフランスのアディダスとか異常に高いし。
バカみたい。

その点アメリカ製はまだ安くていいものがたくさんある感じする。
アメカジ良いよね。



買い物を済ませたあとはフランプール似の彼を交えて3人でフードコートで釜揚うどん。
普通のうどん大盛り+ナス&かき揚げ。580円くらい。
うどんがなんかべちょついてたけどまぁうまかった。
友達がとろろうどんを注文してたんだけど山芋を自分でおろすシステムで笑った。
結構でかい山芋が簡易的なおろし器的なやつといっしょに出てきて

え?これ自分でやるんすか・・・?

っていう雰囲気を出したんだけど店員さん黙殺、みたいな。



結局グリーンレーベルと釜揚うどん以外には目もくれずららぽーとを後にして武蔵野線&つくばエクスプレスで流山おおたかの森へ。

ららぽーとって映画館ありそうで無いんですね。

郊外型ショッピングセンターをはしごするのってなんかとてつもなく意味のないことのように感じられたけどまぁグリーンレーベルと映画館はどっちかにしか無いんだからしょうがないよね。

適当に雑貨屋とかで冷やかしつつ映画見てきました。


img_116364_33186292_1.jpg


八日目の蝉じゃー!!!!!!!!!!!
井上真央がいない写真を使うのははまぁ俺なりのメッセージだよね。たぶん。

一緒に行った友達が見たいっつって見たので大して期待してなかった。
まぁ永作博美大好きだし井上真央も結構好きだし(アイドル的な意味で)いっかーっていうノリ。
監督の成島って人と原作の角田光代はまったく作品知らなかった。

期待してなかったけど面白かったです。

あと映画ってやっぱ映画館で見ると違うねっていう。あたりまえだけど。

以下ネタばれの部分もあるかもしれないのでこれから見る予定がある人は要注意。


全体的な感想としてはやっぱ永作博美すげーって感じ。
この役やるために生まれて来たんじゃないのっていうくらいのハマりっぷり。
って思っちゃうくらい良い役者ってことですかね。
あんなに良い役者だったんだって感じ(笑)

狂気じみてるんだけどそれが強烈な母性に変換されてるっていう説得力があった。

井上真央は今までアイドル的な目線でしか見て無かったから「あ、普通に演技できるんですね」って感じだった(失礼すぎですね)。
でも井上真央のふとした時の顔と永作博美の顔がなんかやたら似ててキャスティング的には完璧だと思う。
設定では血が繋がって無いのにね・・・・これも演出か・。

あと井上真央の幼少期の子役の子かわいすぎ。
自然に涙出せるのもすごすぎ。
最後の方で永作博美が逮捕されるシーンは泣いた(ていうかあそこだけは泣かせる演出ゴリ押しだった)。

キャストで他に印象に残ったのは小池栄子と劇団ひとりかな。

小池栄子は癖のある役だったけど完璧だった。
この人すごいね。頭いいんだなって感じがしたよ。
へんなキャラだからところどころおかしなことを口走るんだけどそれがシリアスな映画の雰囲気を和らげる効果を監督は狙ってたのかもしれないけど俺の周りのお客さんはあんまし笑ってなかったかな。俺は笑ったけど。
でもまぁそういうの流されてしら~っとなるのもそれはそれでありなキャラだからどっちに転んでも良いっていう素晴らしい設定。

劇団ひとりは最悪だったね。
とりあえず井上真央とラブシーンがあるだけでもう最悪だった。まぁ7割くらい冗談ですけど。
ラブシーンの最初でキスする流れがあったんだけど、最初画面に唇が写り込まなくて

あぁ、そういう演出ね!!!それならありあり!!我慢するよ!!

って思った瞬間

ぶちゅ~~~

みたいな。
監督・・・・・安心させて地獄に突き落とすなんて性格悪いっすよ・・・。

まぁさすがに井上真央がトップレスになったりしなかったんで良かったけどね。うん。何が良かったんだろう。

で問題なのがこのラブシーンでの劇団ひとりがネタ中の劇団ひとりのキャラにしか見えなかったっていう点です。
「予備校教師で妻子持ちで教え子と不倫して教え子のアパートに押しかけるキャラ」をやってるようにしか見えなかった。しかも劇団ひとり風に。

劇団ひとりの演技に問題があるのか先入観の問題なのか結局よくわからないけどまぁ問題があることは間違いない。

とりあえず俺と代われ、と思った。



あー長く書きすぎた。

映画も長かったんだよね。2時間20分くらいかな。
2時間切ろうと思えば切れたと思うんだけど、全編通してひとつひとつのシーンを丁寧に撮ってるっていうか長めの間が多いから結果的に長くなってる。
見続けるのがツライシーンとかも長いから(劇団ひとりのシーンとか実の母が取り乱すシーンとか)ちょっと疲れたね。
バサっといくとこはバサっといけばもっと見やすくなると思う。


まぁ色々書いたけどおもしろかったし良い映画だった。

あ、忘れてたけど「エンジェルホーム」のエンジェルさんの側近みたいな人のヘンなヨーデルみたいな謎な声マジおもしろかったっす。あぁいうセンス良いと思います。でもお客さん誰も声出して笑ってませんでした。みんなもっと笑おうよ!!



あー次はソフィアコッポラの新作が見たい。誰か行かない?



映画見終わった後は野田線で柏行って土間土間。
もう土間は月1くらいで行ってる気がする。
90分飲み放題800円。安いね~。
20時半くらいに終わって健康的に帰宅。

昨日は常磐線と武蔵野線とつくばエクスプレスと野田線をかなり効率的に乗り継いだので鉄道的な意味でも満足な一日でした。



久しぶりってことでめっちゃ書いたな。この勢いで歌詞カモーン




「じゃがいも料理何が好き?」

メガ・シェイク・デ・ポテト か
肉じゃが の
二択。


GL

無印
ZUCCA
エディフィス

無印
BEAMS

39MART
TOP SIDER

KELTY
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://kanazaworld.blog77.fc2.com/tb.php/730-853cafd7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
これを投稿したあと3時間くらいで歌詞書けました!!!
やっほーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!

八日目の蝉のおかげです!!!ありがとうございます!!!!
Posted by カナザワ at 2011.05.12 01:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。