--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.21

うーあのしんさく

出ました。


Golden green


もうほんとにジャケットがすごいね。
これのせいで売り上げが10%くらい落ちるんじゃないか。


まだ10周くらいしか聴いてないのでなんともいえませんがたぶん良いです。
ていうかuaにはもう人生変えるくらいのモノを求めてるからな・・・。
10月のツアーファイナルには行きます。


最後の曲は本当にいい。
朝本浩文はやはりいいメロディを書くね。
でもストリングスはなくてもいいんじゃないか。うーん。やはり今回のテーマ
「スタンダード」にとって必要なものなのか。うーん。


アルバムにはいろんな人が参加してます。
最近のuaにはかかせない内橋、鈴木、外山はもちろんのこと
大野由美子、名越由紀夫、
芳垣安洋(ROVOのドラム)、青木タイセイ
など。
uaはほんと人選があれだよ。いいよ。うらやましい。
たぶんそこまで売れないのにこんなに人使えるってのは
やっぱそういうことなんでしょうね。みんな参加したいんだ。


最近日本の音楽シーンというものを結構意識しています。
特に裏方の方に。
基本的に俺はua関連のミュージシャンからみえてくるコミュニティ
が非常に好きです。
大野由美子、鈴木正人なんかはその中でもとても広い範囲をカバーしている。
あとやっぱりzak。
正直この人のmixがどんだけすごいかなんて俺には到底説明できませんが
基本的にこの人がクレジットされてる音楽は良いんですよ。
俺のイメージとしては一つ一つの音が有機的な感じがする気がする。


最近そのコミュニティに結構リンクしてる部分が垣間見えてそっちの
世界にも興味を持っています。
山本精一、勝井祐二、芳垣安洋とかのROVOとかボアダムスとかね。
アヴァンギャルド~フリージャズを縄張りとする界隈というか。
この辺の人たちはスタジオミュージシャンとしての資質もすごいし
表現者としての資質もすごい。これやばい。


でもなんつうかなぁ・・・やっぱメジャーなものへの憧れがあるんだよな。
だからやっぱビョークとかuaとかはすごいと思うわけですよ。
プロデュース能力がすごいよね。人を使う才能。
そんな人たちがアンダーグラウンドな人たちを使って
メジャーで売れてそんでリスナーが掘り下げてアンダーグラウンドが
メジャーに浮上してくる・・・・と最高、妄想。


というわけで、みなさんアルバムのクレジットは精読しましょう。
そしてこんな情報が豊かな時代なんだから出てきた人はすべてググリましょう。
そうすれば新しい世界が待ってるはず。


今日は酔っぱらっています。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://kanazaworld.blog77.fc2.com/tb.php/72-f266fc9b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。