--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.16

evil and flowers

こんにちわ。最近朝晩寒いですね。風邪に気をつけなきゃ。


昨日は日中バイト、夜ライブと忙しい一日でした。
バイトは元アキレス件の草野さんと一日ドライブするというもの。
まぁ当然嘘なんですがだいたいそんな感じでした。
日雇いで某新聞社の世論調査の仕事をしたのですが
これがもう本当にひどいシステムで、途中でむなしくなりました。
くわしくは書きませんが、人への思いやりが足りないっていうか
自己中心的っていうか・・・。
楽だったんだけどね。
草野さん一緒に来てくれて本当ありがとうございました。


で、バイトのときのスーツ姿のまま
電子ジションの解散ライブを見に行きました。
・・・・・解散するのもったいねーわ!!
新曲いい曲だったじゃん。
テクノパークハリガエでもやれよ。

ujは相変わらずかっこよかったです。
クリスはジャズマスターの方がいいんじゃないか(笑)


ふう、ここまでは普通の日記でしたが、
今日は第一回カナザーワールドアルバムレビューをしようかと思います。
まぁ単純に俺の好きな音楽紹介です。
もしよかったらここで紹介するの聴いてください。
いくらでも貸します(笑)













Jacket "evil and flowers" Album
PONY CANYON
PCCA-01190
1998.04.17 Release


  1. Evil And Flowers(piano version)

  2. Forget Me Not

  3. Your Butterfly

  4. Hickey Hickey

  5. He

  6. Eve's Apple

  7. 金魚

  8. Meddler

  9. Masquerade

  10. Quiet Life

  11. Only For Him

  12. Fallen Sun

  13. Evil And Flowers




記念すべき第一回は、ボニーピンクです。
1998年リリースの3rdアルバムevil and flowers。
もうね。大好きなんです。
好きっていうか体に刻み込まれたものっていうかね。
このアルバムはいつ聴いても感動します(今も)。
なんでさなぎメンバーページのfavariteに挙げてないんだろう(笑)


ボニーピンクとの出会いは中学のときでした。
そのころまだ音楽に目覚めてなかった僕は、普通に
ラルクとかグレイとかを聴いていました(笑)懐かしいなぁ。
自分の好きな音楽というものがどんなものなのか、そのころは
わらなかったんですね。今覚えばボニーピンクを聴き始めたころに
わかり始めてきたような気がします。


肝心の中身について。
音はシンプルでおしゃれで生音主体です。
アレンジやプロデュースがトーレヨハンソンなので
カーディガンズを想像してくれれば良いかと。
全体の雰囲気としては特に目立って良い曲があるわけでは
なく、アルバム一つで一つの作品といった感じ。


トーレは2ndと3rdをプロデュースしてますが、
この二作がボニーピンクの最高傑作だと思います。
というのも、この時の二人の相性はもんのすごくよかったんです。
トーレのポップセンスとボニーピンクの内向的な感じが
うまくミックスされてマジックが起きてます。マジ。
トーレってポップなんだけどどこか哀愁漂うというか、
不思議な暗さがある音楽にその才能を発揮する気がします。
特にこの3rdはジャケットを見てもわかるとおり(笑)
彼女が内側に向かっていった時期だったようで、
トーレ効果maxだったと思うのです。


ボニーピンクは、特に音楽活動するわけでもなく
普通に大学生活を送っていたらちょっとしたきっかけで
デビューしてしまった、という人です。
そんな普通の人でも、色々な要素やタイミングが重なると
こんなにも素晴らしい音楽が作れちゃうんです。
いやーすごい。
残念ながら今の彼女はこのころのような音楽が作れなくなって
ほとんど芸能人と化してます・・・・。
たぶん今はそっちの方に興味があって楽しいんだろうな。
いつかまた素晴らしい音楽を作ってくれることを期待してます。



いやー長くなったな。ここまで読んでくれた人ありがとう。
好きなものを好きだと発表するは一種の恐れが伴いますね。
特にそれが自分のルーツだったりするとね。でも書いてすっきりしました。
それにしてもアルバムレビューとか言って具体的な中身は
何も書いてないな。ボニーピンク紹介になってしまった。
次からはもっと中身を充実させなければ・・・。
ボニーピンクは1st~4thお勧めです。よかったら聴いてください。


第二回もいずれやります。よろしく。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://kanazaworld.blog77.fc2.com/tb.php/7-1d8fdb7f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
お疲れさんでした!
Posted by kusano at 2006.10.20 03:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。