--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.29

マボロシの鳥

こんにちは。

爆笑問題の太田光が「マボロシの鳥」という短編集で小説家デビューだとか。

なんかねじまき鳥意識してんのかなー
と思ったら会見で村上春樹の大ファンで是非批評して欲しいとか言ってる(笑)
やっぱりそうなのね。

この人の理想家っぷりは半端無くて角田光代の推薦文を読む限りその感じがやはり色濃く出てる作品になってるみたいです。
テレビだとそういうのがとても俺は好きなんだけど
小説でモロに出されるとなんか違和感覚えそう。
でも興味あるので買っちゃおうかな。どうしようかな。


ケイトブッシュ聴いてるけどいいね。これいいわ。
なんかジョニミッチェルっぽかったりエヴァっぽかったりもうめちゃくちゃ。


今日はこれから柏で友達と飲みます!
土間土間にいるので偶然土間土間に来た人は一緒に飲もう!!


ばいばいきーん。
修理に出したい、でも出してないもの


おっとー!!!!

痛いとこ突かれたー!!!!

すいませんこの機会にマクソンのアナログディレイ修理に出してきます!!!!
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://kanazaworld.blog77.fc2.com/tb.php/600-7cbbdf6a
この記事へのトラックバック
『ベストセラーの目次とレビュー 話題の本の目次と感想』にようこそ。いらっしゃいませ。今回、ご紹介するのはこちら『マボロシの鳥 著/太田 光』です。 この本は2010年の10月...
マボロシの鳥 著/太田 光 | ベストセラーの目次とレビュー 話題の本のもくじと感想 at 2010.11.02 16:48
この記事へのコメント
太田の村上嫌いは有名で、あの会見でも如実に現れていましたね。
9つの短編集を長編のねじまき鳥に関連付けるとは恐れ入りました。
大半の人はサリンジャーを思い浮かべるでしょうけど。

・・・あなたには諸々のアンテナがないようで。
Posted by 通りすがり at 2010.11.04 08:03 | 編集
通りすがりさん

指摘してくれてありがとうございます!アンテナがないっていうか電波悪いので助かります。
色々調べたら確かに太田光は村上春樹に批判的な態度みたいですね。会見の動画を見てなくてヤフーニュースとかの記事だけ読んだので誤解してしまいました。


マボロシの鳥→ねじまき鳥の関連付けは

・俺が村上春樹が好きでその中でもねじまき鳥クロニクルが特に好き
・太田光も好き。
・「マボロシの鳥」ってなんかねじまき鳥連想しちゃう
・太田光の村上春樹の大ファン発言(誤解)

という流れで起こりました!!
全くの個人的妄想をブログに書いただけです。
双方の小説の内容とかまるで無関係。

なのでいまだになんでトラックバックされたのか謎(笑)
この記事読んで俺の誤解を共有しちゃった人がたくさんいるとしたら申し訳ないっす!!!謝ります!


でも太田光は村上春樹のこと本気で嫌いなんすかね。まぁよく考えてみれば太田光はなんつーか積極的に理想を実現していく改革派っつーかそういう印象あるから村上春樹のあの感じはむずむずするっつーかそういう感じなのかなー。
よくわかんね。


ちなみにサリンジャーのナインストーリーズは読んでないけど読みたい本のうちのひとつです。
Posted by カナザワ at 2010.11.04 20:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。