--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.05.13

小野寺賢の天才性について

こんばんは。

今日はまたまたocraの練習でありました。
只今私の曲とサトル氏の曲を同時進行で制作中なのですが試行錯誤中でなんとも言えない感じです。
原因は両方とも歌詞がまだ無いこと。

歌モノに関しては歌詞命と思っていますので歌詞が無い状態でバンドで合わせるのはいかがなものかという感じなのですがスケジュールの関係上そんなこと言ってられんというわけです。

平行してやってて思うことはサトル氏は非常に公約数が広いというか、曲作ってる段階でも多くの人に気に入られる要素を持ってるというかそういう風に場を動かす力があるということですね。
サトル氏は自分の曲でも平気でふざけた替え歌するしアホな歌い方したりするしですごいなと思う。
一般的なソングライターがどうか知らないけど俺の場合自分の曲をギャグにすることは全くできません。
自分の曲に絶対の自信があればそういうこともできるんだろうけどそんな自信ありませんからね。

それとは別の話かもしれないけど単純に練習の音源を聴いてるだけでもサトル氏の曲は一般性があるなと思う。俺の曲はどうも何かの壁を感じるっつうかね・・。生活感があるかないかの違い?

サトル氏の曲は生活感あるよなぁ本当に。

という感じで結構よろしくない気分で自分の曲を合わせてたんだけど音源聴くと悪くないなぁ。
なんなんだろこれ。

願わくばサトル効果でこの曲もocraになじんでくれますよように。



なんだか酔っぱらってて良く分からないけど言いたいことはタイトルに書いてあります。
サトルさんはある意味では間違いなく天才だと思いますよ。
そこをアピールしていけばocraも幸せになれるんじゃないかと思います。
あとは歌詞ですね。




うおー眠い。
今日はプロントの入りが12時から8時に変更になってたことをすっかり忘れてて8時過ぎに電話で起こされました。
前日の夜「明日は12時からだずぇ~楽勝~」とか言って2時3時くらいまで起きてたのですっかり眠い。今2:45。
そろそろ寝ないとなぁ・

内田樹さんの下流志向届いたのでベッドで読みながら限界と同時に寝ようと思います。

おやすみなさい!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://kanazaworld.blog77.fc2.com/tb.php/529-dc14d11e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
そりゃ未完成のじぶんの曲合わせるのはみんないやでしょう!笑

そこでずーん、てなるか、へいへい!てなるかのちがいだけではないか??


さとるさんえらいなあ。
うん。

見習わなければ。
Posted by アカホシトモカ at 2010.05.14 10:44 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。