--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.08

こんばんは!!!

ヴァージンスーサイズ見ました!ソフィア姉さんの初監督作品!
これ27歳で撮ったってのはさすがにすごすぎですね。まぁ環境的には親父のアレがすごいから恵まれてるんだろうけど。
テーマは結構微妙なとこなんでわかったようなわからないような感じでした。とりあえず5人姉妹が全員自殺するんだけど別にこうわかりやすい苦しみが原因とかじゃなくてこう少女性と5人姉妹っていうかなり特殊な環境が影響しててたぶん時代性は関係無い、気がする。

コッポラ監督はロストイントランスレーションのときも思ったけどポップミュージックがすごい好きな人で映画でよく使うんですがたまに違和感感じるときあります。ヴァージンスーサイズでは終盤の姉妹と男の子たちがレコードの音でやりとりする、っていうシーンがあるんだけどその時の音がCD音源そのまま流しました、みたいなミックスなのね。つまり現場で鳴ってる音を拾ってるっていう演出じゃなくて完全にBGMと同じ扱いっていうか。わかりづらいか・。あれだと私の好きな曲紹介します!的な印象をうけちゃうんだよね。まぁ実際そのためのシーンなのかもしれないけど(笑)もっとレコードの擦り切れ感とか現場で流してそれ拾う、みたいな方がしっくり来る気がするけどなぁ。
でもそれが結構この監督の味になってる部分もあると思うからたぶんPV撮ったら良いものができると思うんですよね。というわけでソフィアコッポラ先生ocraのPVよろしくお願いします。手弁当でお願いします。


そんな感じでレンタル屋にエイリアンとヴァージンスーサイズを返しに行ってまた映画2本借りて戻って来る途中にサンドラッグで歯ブラシとかポテトチップスとかを買った(安かったから・・)んだけどその時のレジの女の人がドラッグストアにはあまりに場違いなアイラインアイシャドーの化粧で度肝を抜かれた。それがまた酷い出来で指摘してあげようかと思ったくらい。一体なんだったんだろう。
化粧ってすごいすよね。印象全く変わるもんなあ。今までわりとばっちりメイクした顔しか知らない人がこの前すっぴんで現れたけどいつものキラキラ感が皆無だったもんなぁ。逆にメイクを薄くした人もいるけどその人は薄い方が断然よかった。昨日の歯科衛生士のひとも前と違って赤い(青だったような気もする)アイラインひいててそれはそれで奇麗だけどやっぱナチュラルな方が俺は好きだな、と思ったことを思い出した。しかしあの人の化粧はうまい。

あぁ俺も女に生れたら化粧とかしたんだろうか・・めんどくさくてしなそうだししたとしても超下手そうだよなぁ。男で良かった。つか髪の毛すらまともにセットしないもんなぁ。シャンプーとかは良いもの使いたいってのあるけどその先からはわりとどうでもいいというかあきらめ感がある。もっとやる気出さなきゃなぁ。
でも髪型ビシッ!!!!!!と決めてる友達とか周りにいないんだよね。そういう世界とは別のところにいるってことか?


ぬおー寝る。




スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://kanazaworld.blog77.fc2.com/tb.php/460-e585f277
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ヴァージンスーサイズのインテリアは天才過ぎるよね。
おもいだすとなみだが出るくらい、すき。
Posted by アカホシトモカ at 2009.12.11 11:49 | 編集
インテリアはそんなに思わなかったかなー。なんか独特の淡い色味が印象的だったけど。
Posted by カナザワ at 2009.12.13 01:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。