--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.27

藤井隆のすごさについて

きょんばんは!

なんか書くの忘れてたような気がするけど、こないだのocra大感謝祭で企画限定のCDを配布しました!

090827_2324~01

ocra「home」
1出かけよう
2home
3クラゲ
4フルーツバスケット
5青い傘

です。
今回なぜ無料配布という形になったかというと、やはり大感謝祭ってことで
出血大サービスしようってのがまず第一にあったことにしてあと色々ありました。

まぁぶっちゃけrecの進行具合とかジャケットの作業とかもろもろ含めて
CD作るのが間に合わなかったっていうだけなんですけど・・・。
というわけで今回のはプリプロ音源くらいに思って聴いてください。
多分全く同じCDをそのまま売るってことは無いので今回もらえた人はラッキーです!!

それによくよく考えると中途半端なもの作って中途半端な値段つけて中途半端なライブしてCDが全然売れなかった・・・・みたいな事態を考えるとまだマシというか、意外と評判は悪くないし(実際俺もクラゲまではそこそこ聴ける)結果オーライだったかな。

ていうか曲ごとの楽器のバランスとか全然違くてゴメンナサイ!!
正直そこまでやる時間が無かったです。
自分で聴いてクラゲ始まった瞬間ベースでかっ!!!みたいな。
まぁベースでかい方が気持ち良いけどね。
フルーツバスケットと青い傘の曲間短っ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
びっくりする。
市販のCDでも明らかに一部だけとか1曲だけとかレベルあがったりするのはびっくりするからやめて欲しいと思う。


そのうちちゃんとした音源出すと思うので楽しみにしててくださいね。





映画見ました。ピンポンとロストイントランスレーション。
ピンポンは前ちらっと見たことあったけど、なんか漫画の方がおもしろいんだろうなーっていう感想。みんな高校生には見えないし(笑)
夏木マリがかっこよかった!!!

ロストイントランスレーションはまずタイトルがかっこいい。ソフィアコッポラって名前もカッコイイ。文句なし。
良いって聞いてた音楽に関してはそこまで思わなかったけど、映画全体としては最近見た3作(今回+バベル)の中では完全に一番良かったですね。
セリフの雰囲気とか全体の空気が自然でよかった。時折はさむギャグ的なものもうまい。
東京を舞台にした映画だけど、都会だけじゃなくて寺とか京都とか富士山の映像も入れちゃうあたりがなんかにくい感じだった(笑)あと外国人から見た日本人のイメージをネタにしたシーンが結構あって現実とのギャップとイメージの絶妙なバランス感覚があったような気もしないでもない。監督は実際の日本人のことは結構理解してるんだろうけどちょっと一般のイメージ寄りに撮ってみましたみたいな。

偶然だけどバベルも東京を舞台にした話があって、どっちも藤井隆が出てたのは正直言って驚きました。バベルはテレビにちらっと映ってただけだけどロスト~は主人公のビルマーレイと完全に共演してるし!!しかもマシュー!!!!!!!!!にゲストっていう形で。
藤井隆恐るべし。もはや日本最強のハリウッドスター。乙葉と結婚したのは伊達じゃない、と。

藤井隆が世に出てきたころうたばんで見た記憶があるけどなんかやたら面白いっていうか好感が持てる人だったなー。マシューも好きだったしなー。やっぱ日本のプロデューサーとかも好きなのかなー。それとも監督自体が好きとかだったら相当すごいな。


ソフィアコッポラはなんとなく以前から気になってたので他の映画も見ようかと思います。
ヴァージンスーサイズとかタイトルだけでかっこいいしね。


今日は久々にひたち野うしく周辺に行ったんだけどなんか大変なことになってるね。
あの辺のマンションって売れてんの?やたらショッピングセンター的なものが出来てたけど。
常磐線も頑張ってるのかなー・・・・今日TXの運転手居眠りしたし巻き返して欲しいですね。
そんなこと1ミリも思ってないけど。

おやすみマンモス。









どんなときに夏の終わりを感じる?

宿題の締め切りが目前に迫ってきたとき。
朝晩タオルケット一枚じゃきついとき。

つまり今。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://kanazaworld.blog77.fc2.com/tb.php/421-c99f5b10
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。