--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.06

こんばんわ。世間は正月気分もそろそろ抜けてくる時期ですね。
俺はパン製造バイト(12/31~1/3)があったのでそんな気分は無く
今ようやく正月っぽい気分になってきました。
あのバイトは本当に疲れました。最終日は朝六時までやった。
でも色んな勉強になりました。社会は色んな要素で成り立っているのだ。


昨日は一応東京に行きました。セールを物色しに。
ほしい服とかあったんだけど今はそういうものに
金を使う気分じゃないので結局CDとか買いましたね・・・。


あと岡本太郎記念館に行った。
やっぱりエネルギーが凄かったです。
絵からじょぶぁ~~~って出てる。
ていうかあれです。岡本太郎が変なポーズとってる写真。
あれと絵が同じオーラ出してた(笑)おもしろかったなぁ。
けど「森の掟」とか「重工業」とか無かったので少し不満でした。


じゃぁ買ったCDを紹介します。


Silver Apples/Contact
1枚目。SILVER APPLESというバンド(?)。
ドラムの人と自作シンセサイザーを操る人の二人組みです。
69年の作品ですがなんかすごいです。超おもしろい。
というのもこの前のコモーンズ企画の打ち上げでコモーンズのgt&vo
ジャスティス松下さんに聴かせてもらったのがきっかけです。
とりあえずシンセを自分で作ってるところがすごい。音もおもしろい。
音楽はサイケの原型って感じで、謎なドラムと謎な歌と謎なシンセが
延々と同じフレーズを繰り返してる、といった曲しかありません(笑)
でもすごいカッコイイです。
残念なのは、タワレコで2400円くらいで買ったのに
アマゾンで1149円で買えるということですね。



ジェーン&セルジュ
2枚目。セルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンの
「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」です。
偶然にもSILVER APPLESと同じ69年の作品。
これはあれです。フレンチポップスらしいです。
今までフレンチポップスっていったらカヒミカリイくらいしか知らなかったのよね。
ていうかあれはフレンチポップスって言わないか(笑)
だからいまいちイメージが沸きませんが、このセルジュさんはフレンチ界では
もう大御所中の大御所らしいですよ。
まぁそんなことはどうでもよくて、とにかく最高です。
一曲目なんてジュテームジュテーム言いまくってるからね。
ベースの音が良いね。あとドラムとギターと歌ね。まぁ全部ね。
あと歌詞がエロくてすごい。でもなんかアホ。だけどカッコイイ。
そんな感じです。

何でこんなのいきなり買ったのかというと、実は高校時代に友達から
一枚「メロディ・ネルソンの物語」っていうセルジュのアルバムを借りて
それがすごくよかったからなんです。
そのアルバムはベックのsea changeの元ネタになってます。
もうね、ストリングスの使い方がハンパないの。かっこいいわぁ。
しかも何気にさなぎの最初のライブでSEで使いました(笑)
その友達には色々借りました。
当時の俺はまったく知らないようなNYのアンダーグラウンドのバンド
とかを貸してくれたんですが、今思えばすごく感謝してますね。
スーサイドとかポップグループとかね。


シャドウズ・アンド・ライト[完全版]

最後はジョニミッチェルのDVDです。「シャドウズ・アンド・ライト」
これは10年後の79年のライブ映像。
そういえば今回はずいぶんと古めの音楽を買ったな。珍しい。
このジョニのライブ、まずメンバーがすごいらしいです。
ギターがパットメセニー、ベースがジャコパストリアス、サックスが
マイケルブレッカーだって。俺しらねぇよ。と。
でもジャズやフュージョン界ではもうスゴイ人たちみたいですね。
特にジャコ。
実際このベースはすごいわ。なんか謎。速弾きするし。
ジャコとジョニはかなり相性がよかったらしく、アルバム4枚くらい参加してます。
ジョニはこのころかなりジャズに傾倒してて、その様子がよくわかります。
CDよりもライブはさらにジャズ度が増してて、正直よくわからない(良さが)。
ジャズって難しいなぁ。
あとね、ファッションがみんなもう本当にダサくてびっくりした(笑)
ジョニ自身もなんか変だったのがショックだったなぁ・・・・。
いや、演奏は完璧なんですけどね(笑)
ジョニとかジャコとかジャズとか、まったくもう・・・・。



とまぁこんな感じで。今日は長いね。
あとは箇条書きにします。


・ロックインジャパン2006の映像見てたら曽我部が太ったおじさんだった。でもライブはすごかった。
・めちゃイケとその後の生放送の番組見てたらスマップの中居はおもしろい芸能人だと思った。ていうか番組になってなかった(笑)
・菅野美穂はやはり最高だ。


では、明日つくばへ戻ります。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://kanazaworld.blog77.fc2.com/tb.php/30-611b4409
この記事へのトラックバック
マイケル・ブレッカーマイケル・ブレッカー(''Micheal Brecker''、1949年 -)は、ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれのアメリカ人ジャズ音楽家|演奏者である。圧倒
マイケル・ブレッカー | ヒナタの日記 at 2007.01.17 04:39
この記事へのコメント
ぜひそのDVD見たいです。
今度貸してくださいw
Posted by ともか at 2007.01.30 18:10 | 編集
じゃぁ筑音のミーティングにでも
もっていきまっすー
Posted by カナザワ at 2007.02.05 18:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。